グッピーの基礎知識

グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!

この記事の所要時間: 137

自然 空 熱帯魚

 

こんにちは、おとぼけです。

おとぼけ宅でグッピーを飼育していますが、グッピーと混泳できる熱帯魚シリーズを紹介したいと思います♪
前回の記事(グッピー混泳「ネオンテトラ編)」でもおとぼけ宅では、グッピーの他にもネオンテトラを飼育しグッピーと一緒に混泳しておりますが

今回紹介するのはネオンテトラと同じ種族のとある熱帯魚を紹介したいと思う!

 

 

 

グッピーと混泳できる熱帯魚「カージナルテトラ」

カージナルテトラ

カージナルテトラ、カーディナルテトラ(学名Paracheirodon axelrodi)

写真引用元:wikipedia カージナルテトラ

 

ネオンテトラのアップグレード版と言った感じでしょうか?
ネオンテトラに非常に似ているが、下腹部全体が赤く青帯より面積が広く、ネオンテトラよりも
やや大柄です。

 

ネオンテトラと違い、赤、青などの色が強く非常に鮮やかな品種です。

 

しかもネオンテトラと同様、性格は平和主義であり、大変温厚な為、グッピーと混泳には向いています。

相手を攻撃したりしないグッドボーイ、いや、グッドフィッシュなので、ネオンテトラよりもビビリなところがあります。
そしてネオンテトラ以上に群れで行動する傾向があり。

 

 

グッピーとカージナルテトラの水温と水質について

ネオンテトラ同様、グッピーの相性もまずまずです。
水質、水温ともにグッピーともマッチしていますので混泳に向いています。

カージナルテトラ 繁殖

写真引用元:wikipedia カージナルテトラ

 

正面から見たカージナルテトラ、かわゆす(笑)
そして美しい!

そしてネオンテトラ同様、入門レベルの為、飼育も簡単に出来ます。

季節問わず、年中比較的、安い価格で入手可能な熱帯魚ですが、やはりネオンテトラ同様、繁殖は難しいです。

 

 

カージナルテトラはネット通販でも購入出来ます

カージナルテトラMサイズ5匹【こだわりの生体をお届けします 名生園】
こだわりの生体をお届けします 名生園
売り上げランキング: 88,090

 

 

グッピーと混泳できる熱帯魚一覧

Amaterske_akvarium

■ネオンテトラと何が違うの?カージナルテトラ
■オレンジ色のラインが美しい!グローライトテトラ
■異形の体型ですが、何か?わだすはハチェットフィッシュでごわす
■ディズニーファン必見、ミッキーマウスプラティ
■複雑な名前だけど、かなりのマイペースなお魚さん、ラスボラ ヘテロモルファ
■青い横ラインが美しく水槽をより一層鮮やかにしてくれる、ゼブラダニオ/ゼブラフィッシュ
■頭部以外、身体が透けてますが何か?トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
■マイペースなお魚、そして種類も豊富なドワーフグラミー
■コケ!コケをよこせ!おいらはオトシンクルスだっちゃ!
■コケ取り最強生物、吾輩はセイルフィンプレコ
■成長すると性格悪くなるけど許してね!アルジイーター
■極度な恥ずかしがり屋!クラウンローチ
■独特な動きに魅力されちゃう!ファンも多いコリドラス

 

 

編集後記

春 暑い

最近は窓のカーテンを開けながら寝ています。

朝起きると太陽の日差しが直接おとぼけにあたる為、自然と目が覚めます。

むしろ日差しが暑すぎて起きてしまいます(笑)

朝起きるのが苦手な方、太陽の日差しを一定時間浴びると眠気が飛ぶと科学的に証明されています。

朝日差しを浴びる時間なんかないよ!って方には

カーテンを開けながら太陽の光を浴びながら起きるのはオススメでっせ!

それじゃ、またお会いしましょ!

ばいちゃ!!

 

 

関連記事

  1. ゼブラダニオの飼育| 飼い方と底床
  2. 水槽レイアウトの構図を決めるコツはお風呂に入る
  3. グッピーのための照明器具
  4. ゼブラダニオの飼育|小型水槽向けろ過器選び
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス
  6. ピンク?赤?あなたはどっちのパロットファイヤー?
  7. お腹が苦しいグッピー 妊娠中グッピーのとある日常
  8. 熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ミジンコのいる水槽はレッドビーシュリンプの最適な環境

アクアリウムをやっていると、どこからともなく小さい生物が水槽に紛れ込んで…

【レッドビーシュリンプの特徴と魅力】アクアリウム界のアイドル的存在

アクアリウムで1番人気のあるエビと言えば、赤と白の模様が綺麗なレ…

稚エビが育つ環境づくりをしよう!

ヌマエビ飼育の初心者です。10月の始めエビ専用水槽を立ち上げ、2か月ほど…

アクア界屈指の人気者!コリドラスで飼育をしよう!

混泳水槽のタンクメイトとして欠かせない存在であるコリドラス。アク…

ベタ飼育に最適な水温と冬の水温の注意点

(熱帯魚 水草)私の小さなアクアリウム 〜ベタと水草の共演〜 水草と生体キット 1セット 説明書付き…

【冬の管理の仕方】ビオトープを越冬させるためにはどう対処すればいいの?

ビオトープは野外で楽しむことが多いのでそのようなビオトープではどうしても…

おすすめ記事

  1. 夏場の水温対策 – 熱帯魚飼育
  2. フウセンウナギは深海のアナコンダ、まるでエイリアンのような形をしている。フウセンウナギの生態について調べてみた
  3. 【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!
  4. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス
  5. メダカの寿命ってどれくらい?メダカの飼い方
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚達の紹介【まとめ】
PAGE TOP