グッピーの基礎知識

グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説

この記事の所要時間: 214

グッピー 食事 肉

 

前回に引き続き、今回もグッピーなど他の熱帯魚にも重要な食事(餌やり)について解説していきます。

今回はどの熱帯魚も大好物な天然餌(生き餌)をフォーカスしていきます。

 

 

どの熱帯魚も大好きな天然餌(生き餌)とは?

 

人工餌(天然飼料)とは違い、人工的に加工されていない餌の事をさします。

代表的な例では、アカムシ、ブラインシュリンプ、イトミミズ、ミジンコ、タマミジンコなどなど。

天然餌はどの魚も最も好んで食べてくれる餌ですが、デメリットがあります。

 

天然餌のデメリット

アクアリウム 考え事

 

それは人工餌と違い保存の不便さや入手の困難、また餌の価格も人工餌よりも高く比較的手が出しづらいところがデメリットです。

アカムシ、イトミミズなど自分で採取できるような環境であれば定期的に与える事は可能だと思いますが、そんな環境に住んでいるアクアリストの方は少ないかと思います。

 

管理人の私も都内のマンション暮らしで近場に川などもないので、そんな天然餌を採取する環境は近場にはありません。

よってどうしてもペットショップ・アクアショップで調達する事になります。

 

イトミミズなどは比較的安くで買える

 

イトミミズに関しては比較的流通されているのでペットショップなどに行けば他の天然餌よりも安価で購入が可能ですよ。

 

イトミミズの保存日数を増やすコツ

アクアリウム フィルター 選び方

天然餌は保存の短さがデメリットですが、少しでも長く生きエサにするためにはボウルなどに水を張り、毎日水を変えれば比較的保存も可能です。

 

 

イトミミズを与える際の注意点

dbeef9dfa263086395db700bb5a1c0ff_m

 

イトミミズは体長5-10mmほどで糸のように細い体をしています。

餌を与える際は細かく切り刻んで与えれば口の小さな熱帯魚や稚魚も喜んで食べてくれますよ。

管理人のおとぼけも、ピグミーコリドラスとコリドラスを飼育していますが、細かく切り刻まなくそのまま与えています。

ラーメンんのようにチュルチュルと食べるところは可愛くて、あまりにも食いっぷりに爽快な気分になるのは私だけでしょうか(笑)

 

 

天然餌のまとめ

熱帯魚 選ぶときのコツ

人工餌とは違い栄養面では偏ってしまったり、消化が遅かったりとデメリットもありますが、熱帯魚の食欲をそそる生き餌(天然餌)は

ぜひ与えてあげましょう。

やはり天然餌の食いっぷりは半端無く早く、見ているこちらもニマニマしてしまいます。

毎日天然餌はよくないですが、稀に天然餌を与えてあげましょう。

 

天然餌は楽天市場・アマゾンなど通販サイトでも購入が可能です

■楽天市場

 

 

■アマゾン

イトミミズ(イトメ)活きエサ 50g
フィッシュジャパン
売り上げランキング: 49,824

近場にアクアショップ・ペットショップがない方は、通販サイトの利用もご検討してみてはどうでしょうか。

 

関連記事:人工餌の種類を分かりやすく解説
関連記事:人工餌・天然餌などエサの違いを徹底解説

 

関連記事:お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ
関連記事:ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ

 

 

編集後記:

198aaf17e90aa01b22f188378fd9399c_m

いやぁー、また最近一気に冷え込みましたね。

昨年の2月も都内では大雪が降ったりと交通機関が麻痺してとんでもないことになったが。。。

おとぼけはちょうどその日は休みで出かけてたが電車が動かず帰れなくて寒い思いしながら駅のホームでずっと待っていました。

最近もちょくちょく都内でも雪が積もってますが、昨年ほどの大雪にはなってないのでまだ良いですね。

ベランダにビオトープを設置しそこでメダカを飼育していますが、メダカも無事冬を越せるといいな。

それじゃ、またお会いしましょう。

ばいちゃ!

 

関連記事

  1. ビーシュリンプ飼育に最適な水槽
  2. 心を癒してくれるアクアリウムの醍醐味、熱帯魚を飼育してリラックス…
  3. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだ…
  4. グッピーのためのエアレーション
  5. アクアセラピー|水草って不思議と疲れた心を癒してくれるよね
  6. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィ…
  7. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  8. 発色がヤバイ!紅色のレッドファイヤーシュリンプ導入編

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

  1. 雄グッピー

おすすめ記事

滅菌のテクニックあれこれ!水槽から病気の元を追い出そう!

冬はアクアリストにとって悩みの季節。水替え時のちょっとした温度変…

これだけ抑えよう!グッピーの白点病の治し方

見慣れたグッピー、いつもの元気がない!変わったことしたかと考えて…

ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリンプなどの亜種

先日は、ミナミヌマエビの飼い方について話していきましたが、今日はミナミヌ…

冷凍赤虫は飼育水を汚すの?冷凍赤虫のメリットとデメリット

冷凍★富城 冷凍アカムシ 100g 12枚 冷凍赤虫 別途クール手数料 常温商品同梱不可&nb…

熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?

アクアリウムはある程度の投資が必要なホビー。それでも気になってし…

ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!

アクアリストにとって水槽の中の環境をいかに整えておくのかという事はとても重要な課題です。…

おすすめ記事

  1. コリドラスと工夫次第では混泳出来る熱帯魚リスト
  2. コレで安心!海水水槽のおすすめの底砂をご紹介
  3. コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター
  4. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編
  5. ヤマトヌマエビの飼育・脱皮のことを知り飼育に生かそう
  6. 流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!
PAGE TOP