アクアハック

初心者でも安心!簡単に繁殖がしやすい熱帯魚を厳選!

この記事の所要時間: 355

グッピー f

 

熱帯魚の楽しみの一つとして、繁殖があります。
犬や猫のようなペットよりも、気軽に繁殖が出来るのが特徴です。
新しい生命の誕生や、頑張って泳いでいる稚魚の姿を見るのは、とても心が和むもの。

 

しかし、熱帯魚の中でも繁殖のしやすい種類と、そうでない種類がいます。
今回は筆者が実際の経験や、周りの話をもとに、繁殖のしやすい熱帯魚を厳選!
繁殖を狙いたい方は必見です!

 

基本的な繁殖について

ミッキーマウスプラティ f

 

熱帯魚と一口に言っても、その種類はさまざま。
代表的なグッピーに、グラミーに、エビに、カラシンに、プレコに・・・・
さらに上記の中でも数十種類にわかれています。
多いですよね~。

 

繁殖はもちろん、オスとメスがいなければはじまりません。
しかし、オスとメスを一匹ずつを飼っていても、繁殖できる確率はとても少ないです。
(中にはベタのように例外もいますが・・・)
なので、まずは繁殖をしたいのであれば、オスとメスは複数匹、用意するようにしましょう!

 

今回こちらで挙げる種類は、混泳でもOKなので、繁殖用の水槽を作ったり・・・などという手間は必要なし!!
それぞれの種類に合わせた環境を用意してあげれば、繁殖しやすくなりますよ。

 

繁殖しやすい熱帯魚一覧

ポイント 女性
では、さっそくどんな熱帯魚が繁殖しやすいか見ていきましょう!

 

卵胎生メダカ

 

 

グッピーやプラティ、モーリーは、こちらの卵胎生メダカの種類になります。
卵胎生メダカと言えば、親魚が稚魚をそのまま産み落とす、繁殖方法。

気づいたら、水槽内に稚魚が泳いでいる!!!!というパターンですね。

産まれた稚魚は、水槽内の底の方をまったり泳いでいますので、

混泳であれば他の魚たちに狙われないように、水草や流木などで隠れる場所を作ってあげた方がいいです。

繁殖を狙っていなくても、割と繁殖しやすいのがグッピーをはじめとする卵胎生メダカです。

赤虫を与えたりとか、サテライトに分けたりとか、

そういった手間もかけずに繁殖してくれるイメージです。

 

グラミー

 

 

アナバスの仲間であるグラミー。

ドワーフグラミーや、小さい身体のピグミーグラミーなど。
我が家でも、ゴールデンハニードワーフグラミーは何十回も繁殖しています。

こちらは、混泳でもいいのですが産まれたばかりの稚魚が小さすぎるために、

他の魚に食べられてしまう可能性は非常に高いです。

 

サテライト水槽に分けても、網目から脱出されてしまうことも多いです。
一番いいのが、ベアタンクを用意して、そこで1ヵ月くらい育てることですが、

混泳でも、フロッグピッドのような浮き草を用意しておいてもOK

ただデメリットがあって、光量が不足するので、水草を育成している場合に不向きです。

 

ちなみに、混泳でグラミーが多い場合、繁殖してない♂グラミーのところに稚魚が流れてくると、

口に含んでお世話することもあります。

そんなとき、繁殖した♂が思いっきり威嚇します。

子育てで気性が荒くなってしまう♂・・・・。笑

ちなみにメスは卵を食べてしまうので、出来ればメスからは離しておきたいですね。

 

エビ

 

 

最後はエビです。
エビは飼育こそ最初は神経質にならなければなりません。

購入直後の水合わせは、結構慎重にしないと、エビは水質の変化にはとっても弱いです。

そんなエビですが、一回繁殖が行われると、おもしろいくらいポンポン産みます。

また、繁殖してからしばらくはメスのお腹で2~3週間卵を育てるので、

孵化するまでの抱卵の様子が観察できるのもまたおもしろいんですよ!

注意したいのが、グラミーを混泳している場合。
グラミーはエビをいじわるをする場合があるんです・・・。

しかし、エビは下の方、グラミーは上部を泳いでいますので、水草を密生させておけば意外とちょっかい出されなくて済みます。

うちでは今小さい水槽をエビ専用にして、グロッソを植えているのですが、エビにグロッソほとんど食べられてしまいました・・・!!

なのでグロッソはあまりおすすめしません・・・!!

丈夫な水草や、流木推奨です。

 

 

繁殖が簡単にしやすい熱帯魚のまとめ

ポイント

 

繁殖におすすめの3種類の熱帯魚をご紹介いたしました。
立ち上げすぐにはなかなか繁殖が成功しないと思うのですが、

どの種類にしても一度繁殖をしてしまえば、環境を安定させてあげるだけでOKです。

繁殖を狙っている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

関連記事:水槽のリセット方法徹底解説!余裕を持って計画してスムーズなリセットを!

関連記事:1万円以内でアクアリウムを楽しもう!導入方法やおすすめ熱帯魚をご紹介!

関連記事:これから水草を植える人は読んでおきたい!グロッソスティグマの導入・育成方法

関連記事:【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方

 

よく読まれている記事

 

ヒドラ wiki

 

よく読まれている記事:どうするべき?水槽に現れる貝(スネール)・水ミミズ・プラナリア・ヒドラの対処方法

 

濾過バクテリア

 

よく読まれている記事:犬でもわかる『濾過バクテリア』入手方法・作り方・繁殖・管理方法!さぁ、水を作ろう!

 

バイオミニブロック

 

よく読まれている記事:水換え不要?エコ・バイオリング/バイオミニブロックの効果は嘘なのか?実際に効果など批評レビューしてみた

 

 

この記事を書いた人:おちび

おちび

自己紹介:

熱帯魚歴半年。家には本水槽と、稚魚水槽×2があります。卵を見つけると守らずにはいられません。

おかげで稚魚が100匹います(゜o゜) 毎週末は熱帯魚屋さんに家族でお出かけ♪

 

好きな熱帯魚:

コリドラスピグミーゴールデンハニードワーフグラミー(♀)、レッドチェリーシュリンプ

関連記事

  1. 熱帯魚の冬対策をしよう!ヒーターやサーモスタットの選び方
  2. 水槽の地震対策にはしっかりと備える、水槽の転倒対策
  3. 熱帯魚ヒーターの電気代はどれくらい?水槽の電気代が高い理由と節電…
  4. 底面濾過式水槽2セットを立ち上げてみた!混泳確認用編
  5. 水換えを超絶楽にする!ASP方式って何?特徴メリット・デメリット…
  6. ここまでなってしまうの!?バイオフィルムの脅威!!
  7. 拾ってきた流木の下処理(アク抜き)方法を伝授します
  8. アクアリウムの白濁り対策!ピカピカの水をゲットしよう

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

ネオンテトラの飼育方法 – 投げ込み式フィルターを徹底解説!

「ネオンテトラに最適なフィルターはなにか?」という考察の最後です。今日、考察するのは…

【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録

エビ飼育の初心者が水合わせから1ヶ月間の奮闘記をご紹介いたします。…

パクパクえら呼吸!魚はどうやって酸素を取り入れているの?

金魚が水面でパクパクしているのをよく見かけますね。熱帯魚が水面近…

ネオンテトラの飼育・照明・水草・餌の選び方のまとめ

ずいぶん長らくネオンテトラのことについて書いてきましたが、今日はまとめの記事を書こうと思いま…

ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情

アクアリウムの醍醐味として自分自身が想像する世界観を水槽内で表現し、…

ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい

(熱帯魚)ワイルド・グッピー ペルー産(1ペア) 北海道・九州航空便要保温…

おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプの暑さ対策、どんな方法がある?
  2. アクアリウムで水草って大事なの?水草は導入すべき?
  3. プロトプテルスドロイは幼魚から買うべき?餌など飼育方法を紹介!
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  5. 夏場の酸欠対策!メダカ飼育で酸欠不足対策!
  6. ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できない相性の悪い生体 
PAGE TOP