熱帯魚 観察日記

ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できない相性の悪い生体 

 

 

さて、今回は、ミナミヌマエビとの混泳をお薦めしない魚について書いていこうと思います。

 




ミナミヌマエビと混泳出来る生体は小型魚のみ

ネオンテトラ 大群 群れ

まず、大前提ですが、混泳できるのは小型魚のみです。

そういう意味で、中型魚以上との混泳はお薦めしません。

なので、ベタやエンゼル、ディスカスあたりは混泳に適していないと思います。

 

動きが早いラスボラなどもNG

 

他には、ラスボラ、ダニオも相性は微妙だと思います。

以前、ゼブラダニオと混泳していた時期がありますが、ゼブラダニオは泳ぎが非常に早いため、襲われれば逃げ切ることができません。

しっかり、ウィローモスで隠れ家を作ってやれば混泳できるかもしれませんが、その隠れ家の中でさえ、

襲われてしまうくらいゼブラダニオは泳ぎが上手いです。

 

と、言うことで、泳ぎが早く上手い魚との混泳は避けたいです。

 

 

フライングフォックスもNG

 

後は、フライングフォックスもよくないかと思います。

これは違うエビですが、混泳していたブラックシャドーが脱皮した後、

フライングフォックスに襲われ、食べられたことがあります。

 

その時、ブラックシャドーは2cmくらいの大きさだったので、混泳も問題無いと思っていましたが、

やはり個体が弱ると食べられてしまうようです。

ミナミヌマエビも同じように脱皮して大きくなる以上、このような自体は避けられないかと思います。

どうしても混泳する際には、やはり隠れ家をたくさん準備してあげたほうがいいでしょう。

 

 

アベニーパファーもNG

 

あとは、アベニーパファーくらいでしょうか。

アベニーパファーはふぐなので非常に気性が荒く、どの魚とも混泳に向かない魚です。

 

それはエビも例外ではなく、間違いなく数日のうちに絶滅に追い込まれることになりますので、混泳は避けたほうがいいでしょう。

 

 

コリドラスは微妙

 

他には、コリドラスも微妙かもしれません。

お互い、水槽の底で生活することになりますので、邪魔になることがよくあります。

コリドラスが寝ぼけてエビに追突したり、餌に夢中でエビに気がつかなかったりと事故がたまに起きます。

 

食べられたり、襲われたりという心配はあまりないので、神経質にならなければ十分、混泳可能と言ってもいいと思いますが、お互いがお互いのストレスになっている気がしてならないです。

 

 

エビと混泳する際のまとめ

 

このように、エビは小さく襲われやすいので、襲われにくい生体と混泳すべきかと思います。

混泳の鍵となるのは、エビの隠れ家なので、そういった商品を購入する、または、水草で隠れ家を作るといいかと思います。

 

エビの隠れ家は楽天・Amazonでの通販サイトでも購入が可能です。

 

近場にペットショップ・アクアショップがない方はオンライン通販サイトを利用するのもいいかもしれませんね。

 

 

関連記事:ミナミヌマエビ飼い方- 基礎知識編(ミナミヌマエビの魅力など)

関連記事:ミナミヌマエビの飼育に最適な水草選び~グロッソスティグマ・ウィローモス

関連記事:ミナミヌマエビを安価に手に入れる裏ワザ

関連記事:ミナミヌマエビの飼育・繁殖に必須の餌・えさと与える量

関連記事:ミナミヌマエビの最適な飼育方法 – フィルター(ろ過器)選び

関連記事:ミナミヌマエビを飼育する上で最適な底床選び、水質について

 

 




この記事を書いた人:まめ

アクアリスト まめ

アクアリストライター:

まめ

自己紹介:

60cmの水槽で水草を、36cmの水槽で海水をやってます。実は、もう1本25cmキューブ水槽を持ってますが、現在は倉庫にて休暇中です(笑)

好きな熱帯魚:

コリドラス・ステルバイ、ミニブッシープレコ、ヤエヤマギンポ




関連記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、カージナルテトラを紹介!!
  2. コリドラスの飼育に向く水草について
  3. グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介
  4. ネオンテトラの飼育-餌の回数と量はどれくらい与えればいいの?
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、コリドラス・ピグミー
  6. アクアリウム 砂利 底 コリドラス・ステルバイを飼育する上で最適なフィルター
  7. コリドラス・ステルバイとの混泳に向いている生体
  8. 熱帯魚飼育に揃えておこう7つのアクア用品

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. メダカの越冬には発泡スチロールの水槽が最適な理由 発泡スチロール f
  2. 【メダカの越冬】落ち葉は有効なの? メダカとマツモ f
  3. メダカが脱走!?対処法などについてもご紹介 メダカ f
  4. 高級メダカはなんと盗難まで!?知られざる高級メダカの世界 メダカとマツモ2 f
  5. 「世界一醜い生物」!?ブロブフィッシュの生態 ウラナイカジカ科 wikipedia
  6. 深海魚「リュウグウノツカイ」の特徴や寿命は? リュウグウノツカイ wikipedia



おすすめ記事

京都をお散歩するなら哲学の道!銀閣寺のほとり地下300メートルからくみ上げた井戸水を使用したコーヒーも味わってみた

こんにちは、おとぼけです京都でお散歩をするなら哲学の道もおすすめです。哲学の道の魅力そして哲…

ビーシュリンプを繁殖させるためのコツ

アクアリストの間で1990年代に大ブームとなったビーシュリンプ。…

流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!

水槽内のレイアウト組みの際に一つ入れるだけでもかなりの存在感を出す流木。…

ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.2

さて、前回はビーシュリンプの飼育においてどのフィルターを使え…

グッピーと混泳できる熱帯魚、ラスボラ ヘテロモルファ

こんにちは、おとぼけです。今回もグッピーと混泳できる…

ヨシノボリを飼育しよう!ハゼのイメージを変える(?)

 (熱帯魚)リノゴビウス・ルブロマキュラータス(1匹)  北海道航空便要保温…

おすすめ記事

  1. エンゼルフィッシュの飼育ノウハウを伝授します!水槽・水質・餌・混泳
  2. 亀の繁殖をさせるなら絶対抑えておくべき5選!後半編
  3. 地球を食べる雄大な姿を楽しむ!ゲオファーガスの飼育方法
  4. プラチナがつくとレア度アップ?ネオンテトラだけじゃないカラシンの深すぎる世界
  5. 小さくて可愛い!小型ポリプテルスの飼い方を伝授します
  6. イメージと違う…!実際に金魚は生命力の強い生体だった!
PAGE TOP