シュリンプ系

失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育

この記事の所要時間: 316

レッドビーシュリンプ-1

(エビ)お一人様3点限り 無選別 レッドビーシュリンプ 赤白バンド(10匹) 北海道航空便要保温

 

ようこそ、ビーシュリンプの世界へ。

「日の丸」「モスラ」といった人気品種の前に、

覚えおきたい原種ビーシュリンプ飼育のコツをまとめてみました。

 

はじめてのアクアリウム:全記事一覧はこちら

関連記事:これだけは知っておくべき!ビーシュリンプ飼育で必要な知識7選まとめ

レッドビーシュリンプの基本情報

レッドビーシュリンプ-2

(エビ)お一人様3点限り 無選別 レッドビーシュリンプ 赤白バンド(10匹) 北海道航空便要保温

 

品種やブリーダーによって驚くほど高額になるものもありますが、ここでは原種のビーシュリンプや、

1匹数百円のスタンダードなレッドビーシュリンプを想定してご紹介します。

環境に馴染めば繁殖は用意。

割高の抱卵個体ではなく、まずはノーマルな個体からスタートさせましょう。

 

レッドビーシュリンプの飼育情報

レッドビーシュリンプ-3

(エビ)お一人様3点限り 無選別 レッドビーシュリンプ 赤白バンド(10匹) 北海道航空便要保温

 

水質と水温に最も気を配ります。

水道水でかまいませんが、必ず別容器で1日エアレーションしてカルキ抜きします。

薬品類に極端に弱いので、できるだけカルキ抜き剤に頼らないようにしましょう。

 

 

レッドビーシュリンプ飼育の水槽

 

 

コンパクトでお洒落なインテリア水槽にどうしても目が行ってしまいますが、

水槽サイズが小さくなればなるほど水温、水質の変化が大きくなり、管理も大変になります。

オーソドックスな45cm水槽は扱いやすく、

フィルターなど適合するアクセサリー類も多いのでおすすめです。

 

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な水槽

 

フィルター

 

 

水質の変化に敏感なので、なるべく能力の高いろ過器を用いたいところですが、

外部式パワーフィルターや上部フィルターでは水流が強すぎたり、ビーシュリンプが吸い込まれてしまう危険があります。

ややメンテナンスは大変ですが、底面フィルターが最も適しています。

定期的な水換えを行い、適切な管理ができていれば、

面倒な底砂交換の伴う大掃除は年1回程度で済みます。

底面フィルターよりろ過能力は落ちますが、扱いやすいスポンジフィルターもおすすめです。

底面フィルター、スポンジフィルターを動かすためのエアポンプは、

水槽サイズに合ったものを選びましょう。

小さすぎると十分なろ過能力を得られず、

大きすぎると水流が強すぎてビーシュリンプが休めなくなってしまいます。

 

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターのメリットを紹介!

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.1

 

 

ヒーター

 

 

室内でも無加温だと日本の冬は寒すぎるので、ヒーターは必ず入れましょう。

ビーシュリンプは熱帯魚よりやや低めの水温を好みます。

金魚用の20度に固定されたヒーターが便利です。

もちろん、サーモスタット付きで細やかな温度調整できるものがよりベターです。

フィルターと同じく、水槽サイズに合ったものを選びましょう。

 

 

底砂

 

 

ビーシュリンプの餌となる藻類を発生させるためにも底砂は必須です。

底面フィルターの場合は4~5cm程度と厚めに敷きます。

一般的な大磯砂や、多孔質でろ過能力を高めてくれる溶岩サンドがおすすめです。

サンゴ砂やソイルなど水質に影響を及ぼすものは避けるようにしましょう。

 

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床 Part.1

関連記事:ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2

 

 

水草とアクセサリー

 

 

底砂と同じく、餌になる藻類がつきやすいよう流木や好みのアクセサリーを沈めておくとよいでしょう。

ビーシュリンプは水槽内に流れのない止水域を作る必要があります。

流木を組み合わせて、フィルターからの水流がよどむスポットを作ってあげます。

 

水草はビーシュリンプ飼育でハードルとなる要素です。

ビーシュリンプをはじめエビ類は農薬にとても弱いのが特徴。

養殖場で使用された農薬が微量でも残留していると、たちまち落ちてしまいます。

やや値は張りますが、ビーシュリンプ用に用意された無農薬の水草がおすすめです。

流木に活着させたセットも便利です。

 

水草の育成には照明が欠かせません。

光量が多すぎると苔の大発生と水温上昇を招いてしまいます。

水槽サイズにあったライトを選びましょう。

 

ビーシュリンプの餌

 

 

各メーカーが工夫をこらして、脱皮に必要な各種ミネラルを配合した専用フードを販売しています。

専用に作られたものだけあり、どれもよい食いつきをみせますが、

何種類かローテーションさせるのがかたよりが出ずのぞましいでしょう。

小さな水槽の場合、餌の消費量も限られてきますが、

成分の変質を防ぐために余っていても半年をめどに買い替えます。

 

 

はじめてのレッドビーシュリンプ飼育のまとめ

ビーシュリンプ提供

 

・水温と水質が二大ポイント。

・カルキ抜きであっても薬剤に頼らない。

・餌となる藻類が繁殖できる環境を増やす。

・無農薬のビーシュリンプ用水草が安心。

 

 

 

関連記事:熱帯魚は寝るの?熱帯魚達の睡眠時間、睡眠不足について分かりやすく解説してみた

関連記事:【アクアリスト必見】ここで見分けよう、アクアショップの実力!

関連記事:流木の導入・アク抜き方法・購入時の注意点など総まとめ!

ひよこ亭

ひよこ亭

投稿者の記事一覧

熱帯魚歴20年。最近は日淡やらんちゅうにも凝り始めました。
プレコ、サカサナマズなどを中心に飼育しています。

関連記事

  1. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター Part.2
  2. ビーシュリンプ飼育に最適なフィルター選びは慎重に!各フィルターの…
  3. ヌマエビ科の混泳、水槽立ち上げから飼育まで
  4. 糸状コケ対策にはヤマトヌマエビがオススメの理由とは!?
  5. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!
  6. エビ玉の餌がスゴイ?エビ玉シュリンプフードの秘密
  7. エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました
  8. 【奮闘記】エビ飼育必見!育て方のコツ・記録

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?
  2. 冬場にショップから熱帯魚を購入し移動する際の注意点
  3. 水槽用ヒーターの使用事故を起こさないポイント
  4. 水槽用ヒーターの寿命はどれくらい?寿命を伸ばすコツも伝授!
  5. アクアリウム冬の水換えテクニック!気をつけたい温度ショックとPHショック
  6. 冬場の水槽水温管理に!ヒーターの選び方と電気代を節約するコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

アクアリウムをやっていると感覚が研ぎ澄まされる事ってない?

こんにちは、日本全国のアクアリストの皆さん。今日もご自身で飼育し…

ミナミヌマエビ 飼育編-混泳できる相性の良い生体 

今回は、ミナミヌマエビとの混泳に向いている生体についての話です。…

LEDライトを導入する際の注意点、そして失敗しないコツ

こんにちは、グッピー大好きのおとぼけです。LEDライトを導入したら水槽内が美しくなりグッピー…

絶対抑えておくべきフグの歯切り方法について伝授します!

フグを飼育している方の中でも経験されている数は少ないと思いますが、…

ゼブラダニオの飼育|小型水槽向けろ過器選び

前回から引き続きゼブラダニオ飼育に適したフィルターの話になります。…

ビオトープを作るために必要となるモノはこれだ!

ビオトープにもいろんな規模や種類のものがありますが、今回は池などを掘ってつくるのではなく…

おすすめ記事

  1. 【管理方法を伝授します!】ビオトープを美しく保つための生体の飼育方法
  2. 【夏の管理の仕方】ビオトープの水温管理のコツを教えちゃいます!
  3. 「幻のエンゼル」ことデュメリリィエンゼルを飼育してみよう!
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
  5. コリドラスピグミーが可愛い!ピグミーの繁殖や餌など飼育方法
  6. こんなにいる可愛いビーシュリンプの種類を徹底紹介!
PAGE TOP