グッピーの基礎知識

グッピーとは混泳してはいけない、スマトラの紹介

この記事の所要時間: 218

注意

 

こんにちは、おとぼけです。

毎度グッピーさんと混泳してはいけない熱帯魚の紹介をします。

今回も誤ってグッピーと混泳することによってグッピーの尾びれがかじられて無くなってしまう可能性が高いですので
十分注意しましょう。

それでは今回も行ってみましょうか!

 

 

グッピーとスマトラを混泳しちゃうと悲劇が起こる!

1280px-Puntius_tetrazona001
学名:Puntius tetrazona
スマトラ (写真引用元:wikipedia.org)

黒のストライプと各ヒレの赤が非常に美しい熱帯魚です。

しかし全般的に気性が荒い熱帯魚です。

一部個体によっては大人しいタイプもいますが基本は荒いです。

改良品種も多く様々なカラーが有りバリエーションが流通しています。
それもスマトラの人気の一つですね。

この熱帯魚は丈夫で飼いやすいのも魅力の一つですよ!

 

それでは、もしグッピーさんと混泳してしまうとどうなるか????

この熱帯魚は動きも早い熱帯魚ですのでゆらゆらと優雅に泳ぐグッピーと混泳してしまうと
グッピーの尾びれすべてが無くなるという悲劇が高い確立で起こります。

そのためグッピーと混泳しないよう気をつけましょう。

 

じゃあスマトラと混泳できる熱帯魚で何ですか?

上記の動画を見てもわかると思いますが運動量半端ねー。

これだけ動き回ったら他の熱帯魚に餌が行き届かないですね。
それに神経質な熱帯魚はこのスマトラの運動量の多さからストレスになり病気になりやすくなってしまいます。
もしそれでも混泳したいとしたら同じコイ科の活発な魚と一緒に混泳してみましょう。
相性にもよりますが。。

基本的にスマトラは気が荒くて、他の魚を突っつきまわしてヒレを狙う有名な魚ですので極力混泳しないようにしましょう

 

 

スマトラの繁殖は簡単なの?産卵はどうするの?

 

スマトラの繁殖は比較的簡単に行う事が出来ます。

ウィローモスなどの産卵床になるものを入れておくと、オスがメスを追いかけ産卵行動に入ります。
そして粘着卵をバラ撒くように産卵し、稚魚は5日前後で泳ぎ出します。

そのまま放置しておくと親魚に食べられてしまうので採取したら隔離してあげるか
親魚に見つからないように水草を豊富にいれて隠れ家を作ってあげたりレイアウトを複雑にしましょう。

 

 

スマトラの飼い方は???餌は何を食べてくれるの

84a41038ad8a26febcc2cca273634892_m

スマトラは丈夫な魚です。
ただ柔らかい水草などを食べてしまうので水草中心の水槽での飼育には向いていません。

また餌は何でも食べてくれます。

 

 

冷凍赤虫などは特に好んで食べてくれますのでメインフードと一緒にたまに与えるのもいいかもしれないですね。
何でもよく食べてくれるので入門種としても人気の一つです。

ただし、混泳には気をつけましょうね!

ヒレの長い魚との混泳は適してないです。
ちなみに水温は20度~28度前後になります。
水質は弱酸性~中性になりますので水質にも神経質になる必要はなく飼育は容易な魚ですよ。

またスマトラの寿命は約3年~5年になります。

 

 

様々な種類のスマトラ

 

楽天でも様々な種類のスマトラを販売しております。

近場にペットショップ、熱帯魚屋がない場合はネット通販での購入も検討してみたらどうでしょうか。

 

 

 

 

編集後記:

アクアリウム スケッチ

 

昨日は、いってQの記事を書いたら多くの方にリツィートしてもらいました。

世界の果てまでイッテQでも紹介されたグラスキャットフィッシュ!骨が透けて見える!

自分の書いた記事をリツィートしてくれると結構うれしい物ですね。
実はTwitterを最近始めて初めてリツィートしてもらいました。(笑)

気軽につぶやいてるのでよければフォローしてください。

それじゃ、またお会いしましょう!

ばいちゃ!

 

関連記事

  1. 水槽用レイアウト用品の選び方と間違った知識
  2. 蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ
  3. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター
  4. グッピーと混泳できる熱帯魚、グローライトテトラ
  5. 【注意】ブラックテトラはグッピーと混泳できない
  6. 極上水槽レイアウト、お手本にしたい水槽レイアウトの下準備とは?
  7. 藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!
  8. 熱帯魚の水槽の水温・温度が上がらない、ヒーターを使っているのに何…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. サルビニアククラータを屋外で越冬させる方法
  2. ベタの飼育にぴったりのサルビニアククラータを育てよう
  3. レッドビーシュリンプを色鮮やかに育てるには?
  4. レッドビーシュリンプの抱卵の舞とは?
  5. レッドビーシュリンプの脱皮の前兆と周期
  6. レッドビーシュリンプの大好物、赤虫と餌やりの頻度

ピックアップ記事

おすすめ記事

熱帯魚飼育の初心者にオススメ!飼育しやすい熱帯魚たち

これからアクアリウムを始めたい方は必見!45~60cmサイズの水…

こっそり教えます!初心者向け水草導入術!おすすめ水草・育て方を紹介!

熱帯魚を飼うときに鑑賞用として導入するなら、水草も検討すると思います。…

メダカを飼育する際の3つのポイント

はじめまして まりももり です。私はメダカの飼育について書かせてもらいます。これから…

熱帯魚飼育に使うフィルターとヒーターはどれくらい電気代がかかるの?

アクアリウムはある程度の投資が必要なホビー。それでも気になってし…

奥行き感を演出するために砂利を追加してみた【完結】

水槽のレイアウトがショボイので、奥行き感を演出するために砂利を入れてみたよ!の続編です。…

昭和を代表する暴れ者ジャックデンプシーを飼育しよう

昭和を代表する魚の一つだと思っています。オスカーやエンゼルフィッ…

おすすめ記事

  1. 失敗しない!はじめてのレッドビーシュリンプ飼育
  2. 肩こり、腱鞘炎からおさらば!最強マウス「ロジクールワイヤレストラックボールM570」レビュー M570
  3. アクアリウム入門に最適!小型バルブの熱帯魚の仲間たち
  4. ネオンテトラの飼育方法 – 底面フィルターを徹底解説!
  5. レッドビーシュリンプが水面近くに集まる時の対策
  6. ウッドキャットの飼育!穏やかすぎるアクアリウムへようこそ
PAGE TOP