グッピーの基礎知識

汽水のミドリフグの飼い方と歯切りはどうするの?

この記事の所要時間: 251

ミドリフグ

photo by wikipedia ミドリフグ

淡水でも飼育ができる汽水域のフグの紹介になります。

外見は愛嬌があり大変可愛らしくないですか?

 

しかし、外見によらず内面は非常に気性が荒いお魚さんです。

今回はそんなミドリフグ君について詳しく解説し、肝心のグッピーとも混泳出来るのか
合わせて紹介したいと思います。

それじゃ、今回も行ってみましょう。

 

 

小さくて可愛らしい汽水域のミドリフグだが実は気性が・・荒すぎ!


ミドリフグ(緑河豚、 学名:Tetraodon nigroviridis 英: Green spotted pufferfish)(photo by charm

 

主にスリランカ、タイ、インドネシアと暖かい地域に分布する熱帯魚です。

そして汽水性でもあります。

 

そして外見は非常に愛嬌があるのですが、性格が非常に荒くヒレの長い熱帯魚との混泳には向いておりません。

混泳してしまうとヒレのある熱帯魚はかじられてストレスで☆になる可能性も高し!!

 

 

汽水って何?

ネオンテトラ 謎

 

海水と淡水が交じり合っている塩分濃度の低い水の事になります。

海水の3分の1~2分の1とも言われています。

 

そしてミドリフグは成長するにつれて海水に近づけたりすることもあります。

 

 

 

ミドリフグの飼育方法

アクアリウム 貝殻

 

食性は基本的に雑食性

何でも捕食するし、小さい魚は食べてしまいます。

 

グッピーくらいの大きさの魚なら食べてしまうので一緒にした途端、食いちぎられてしまいます。

そのため、グッピーとは混泳しないよう注意しましょう。

 

 

 

ミドリフグの餌は?本当に何でも食べるの?

グッピー 食事 肉

 

ミドリフグは何でも食べてしまいます。

小さいネズミを食べるミドリフグ

 

※観覧注意


※動画は微グロ注意です。

 

またスクミリンゴガイなども好んで食べます。

375px-Bertha

photo by wikipedia スクミリンゴガイ

 

 

動画はスクミリンゴガイを食べているミドリフグ
しかし飼育下では生餌あるいはアカムシ等の冷凍餌を好んで食べてくれます。

小さい頃から固形配合飼料に慣れさせれば人工飼料でも食べる場合もありますよ。

 

 

ミドリフグが特に好んで食べる淡水性のエビを、新鮮さそのままにエビを殻ごとフリーズドライ加工されたのも市販されています。

 

 

ミドリフグは歯が伸び続けてしまう、歯切りが必要

ミドリフグ 歯切り

ミドリフグは固い餌を噛み砕く行動に適応しており歯が伸び続けてしまいます。

歯が伸びすぎてしまうと餌を食べるのが困難となるため、

定期的に歯の先端を着る必要があります。

 

動画では歯切りをしているところになります。

 

 

また水槽の隅にさんごの欠片を入れたりすると嚙じったり、

 

 

害虫扱いされているスネールなどの貝を入れておくのもいいです。

 

ミドリフグの水質はどうすればいいの?

試験 アクアリウム

 

適正水温は24 ~ 28 ℃、水質は中性 ~ 弱 アルカリ 性 が適正です。
短期的には淡水での飼育も可能ですが、やはり長期飼育には塩分が必要です。

海水に近いph8程度のアルカリ性にしてあげましょう。

 

 

ミドリフグは通販でも購入が可能です

 

こちらの一式あればミドリフグの飼育も可能です。

近場に熱帯魚屋、ペットショップがない場合は通販で購入することもオススメします。

 

 

よく読まれている記事

バックスクリーン セロテープ

 

よく読まれている記事:水槽にバックスクリーンを貼れば雰囲気が激変

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_m

 

よく読まれている記事:水槽水の水質も大切、水質検査のやり方

 

熱帯魚 コツ 秘伝

 

よく読まれている記事:石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編

 

 

 

編集後記

熱帯魚 地震

 

今日のお昼に久々に大きめの地震がありましたね。

おとぼけは昨日までお酒を飲み過ぎて昼すぎまで寝ていたのですが地震で起こされました。

地震で起こされるのって本当に嫌ですね。
二日酔いと合わせてすごく不愉快な気分になりました。

飲み過ぎには注意したいと思います。

それじゃ、またお会いしましょ!

ばいちゃ!!!

 

関連記事

  1. グッピーのための照明器具
  2. 石を使ったセンスのある水槽のレイアウト技 石の種類編
  3. 管理人推薦!初心者でも安心!グッピー飼育を手軽に始めるならコレ
  4. ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情
  5. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター
  6. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  7. ミナミヌマエビとレッドチェリーシュリンプ、レッドファイヤーシュリ…
  8. アロワナの餌・種類・値段・飼い方などの飼育方法

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. カブトエビって何?カブトガニと何が違うの?
  2. カブトガニの血液はなぜ青い?医療の世界で役立てられる青い血事情
  3. カブトガニの育て方・飼育方法
  4. カブトガニの飼育や寿命、淡水、飼育難易度を紹介!生きた化石を飼育してみよう!
  5. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  6. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ

ピックアップ記事

おすすめ記事

誰にでも出来る!めだかビオトープの夏場の水温上昇を手軽に対策する方法

梅雨明け数日後に初猛暑日になる傾向が多く、東京都心では35度を超え、…

沖縄にも分布するベタの仲間・パラダイスフィッシュを飼育しよう!

パラダイスフィッシュMacropodus opercularis(Lin…

世界よ、これが日本の美魚だ!オイカワを飼育してみよう

(淡水魚)オイカワ Mサイズ(1匹)日本の河川に棲んでいる魚、と聞くとコ…

ネオンテトラの飼育・照明・水草・餌の選び方のまとめ

ずいぶん長らくネオンテトラのことについて書いてきましたが、今日はまとめの記事を書こうと思いま…

ビー玉を床砂代わりでも大丈夫?気になる水槽事情

アクアリウムの醍醐味として自分自身が想像する世界観を水槽内で表現し、…

初めてでも大丈夫!亀の冬眠させ方と失敗しない方法を伝授します!

最近肌寒い日が多くなってきましたね。人間にも、もちろん亀にも厳しい「…

おすすめ記事

  1. 外にも癒やし空間を。ベランダにビオトープを設置して1年経ったんだけど
  2. 南方大口ナマズを3年間飼育してみてわかったこと
  3. 意外に可愛い顔して気性が荒い!? オスカー肉食の実態
  4. 稚魚とグッピーたちの飼育近況を公開!
  5. ロブスターには寿命がない?ロブスターが内臓まで脱皮するのは本当?
  6. ビーシュリンプ飼育に最適な底床編 Part.2
PAGE TOP
;