グッピーの基礎知識

蛍光色素を注入して人工的に着色されたラージグラスフィッシュ

この記事の所要時間: 37

注意

こんにちは、おとぼけです。

今回もグッピーとは混泳はしてはいけない熱帯魚の紹介ページになります。

 

何も知識もないままグッピーと混泳してしまうと翌日グッピーの姿がない?とならないよう注意しましょう

それじゃ、行ってみましょう。

 

 

 

グッピーとは混泳してはいけない、ラージグラスフィッシュ

グラスフィッシュ

Photo by wikipedia ラージグラスフィッシュ

 

ラージグラスフィッシュ (Parambassis siamensis)

体が透けて見える熱帯魚のラージグラスフィッシュ君

特にラージグラスフィッシュはグラスフィッシュの中でも透明度が特に高いです。
近年は色のついた美しいタイプのものも多く出回っています。

写真を見てもお分かりだと思いますが凄く綺麗なピンク色をしていませんか?

実はこれは人工的に色付けされた熱帯魚なんです。

 

鑑賞魚としてカラーラージグラスフィッシュという名目で販売されています。

背中と腹部に蛍光色素を注入して人工的に着色しているので時間の経過とともに脱色してしまいます。

以前、当サイトでも取り扱った体が透けて見えるグラスフィッシュ君

・体が透け透け、トランスルーセントグラスキャットフィッシュ

 

しかしこのトランスルーセントグラスキャットフィッシュと違ってラージグラスフィッシュは
気性が大変荒々しくて有名なんです。

 

場合によってはグッピーくらいのサイズの魚は食べてしまいます。
グッピーが餌にならないためにも絶対に混泳だけでは避けましょう!

 

 

体が透けて見えて可愛いが気性は大変荒い


youtubeにも海外動画で取り上げられてますね。
このラージグラスフィッシュは色がついてないタイプですね。
最大体長7cmになるので小さい魚は食べられてしまいますよ。

それにしてもやはり体が透明だと神秘的で良いですね。

見てて癒されます♪

 

 

 

グラスフィッシュにも色々な種類が存在します

実はグラスフィッシュにも色々な種類が存在します。

インディアングラスフィッシュ

インディアングラスフィッシュ (Parambassis ranga) photo by charm

体長が5cmほど
体が黄色みを帯びているのが特徴の一つです。

アクアフォレストさんの方でも極少数入荷されるそうです。

アクアフォレストさんで販売しているインディアングラスフィッシュの紹介ビデオ

最大体長   → 5cm
温度      → 20~25度
水質      → 中性~弱アルカリ性
餌        → 生餌、人工飼料ですが特に餌は冷凍赤虫、生餌を好んで食べます。

ラージグラスフィッシュよりも小さいですね。
この種も気性が荒いですので混泳しないよう注意しましょう!

 

 

恐竜のような膨らみがあるアップルヘッドグラスパーチ


実は最近になって新種記載(2003年)された種になります。
こちらは体長が10cmほどあり、変わったな頭の形をしております。

 

 

動画でも紹介されていますが変わった頭してますね(笑)

シュールを通りすぎてここまでくると愛着が湧いてきますね。

主にタイ、ミャンマー原産のグラスフィッシュです。

グラスフィッシュの中では透明ではありませんが、体色が輝いて見え魅力の一つです。

飼育も簡単なので別水槽での飼育にはいいかもしれませんね!

いやぁー、それにしてもユニーク&シュール!

最大体長   → 10cm
温度      → 20~25度
水質      → 中性~弱アルカリ性
餌        → 生餌、人工飼料ですが特に餌は冷凍赤虫、生餌を好んで食べます。
又他にもジャイアントグラスパーチ という本属の中では大型のグラスフィッシュもいますが、名前に反して
空は透明感はない熱帯魚になります。

どうでしたか、今回もグッピーとは混泳出来ない熱帯魚を紹介しましたが
混泳してはいけない分、気になりませんか?

グッピーとの混泳は流石にまずいですが、別水槽での飼育など検討してみたらどうでしょう。

 

 

グラスフィッシュはネット通販でも販売

近場に熱帯魚屋、ペットショップがない場合は通販サイトでの購入もオススメします。

 

 

 

 

 

編集後記

アクアリウム ビー玉

 

実は最近チャームでコバルトドワーフグラミーで購入しました。

混泳も上手くいっておりいい感じにうちの水槽に馴染んでくれてますよ。

 

コバルトドワーフグラミーをチャームで購入した記事も近日中にアップしたいと思います。

ちなみに当サイトでもグッピーとの混泳可能な熱帯魚としてドワーフグラミーを紹介しています。

 

■マイペースなお魚、そして種類も豊富なドワーフグラミー

お時間ある時に読んで頂けたら幸いです。

それでは、またお会いしましょう!

ばいちゃ!!

 

関連記事

  1. 藻類・コケ(苔)が発生する主な原因って何?コケ対策したい!!!
  2. ワイルドグッピーの世界を知ろう!ルーツだけが持つ味わい
  3. 赤・黄色・オレンジ・青・白・黒など様々なミナミヌマエビの亜種紹介…
  4. コリドラス・ステルバイとの混泳に向いている生体
  5. ミナミヌマエビの最適な飼育方法 – フィルター(ろ過…
  6. 薄さ、明るさ、美しさにこだわった コトブキ フラットLED 60…
  7. きらーん ペット用品を総合的に扱う通販サイトチャームを利用してみた
  8. 世界の果てまでイッテQでも紹介されたグラスキャットフィッシュ!骨…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 稚魚育成にベストな水替えタイミングとボウフラ対策
  2. 【保存版】メダカの産卵方法と採卵率を上げるコツ
  3. メダカの稚魚を育てる為に水換えには拘ろう!
  4. メダカの稚魚には緑水(グリーンウォーター)と発泡スチロールが最適な理由
  5. メダカ飼育でホテイアオイを使うべき3つの理由
  6. 庭池を始めたい方必見!池の漏水対策とひび割れ、セメントの混ぜ方など

ピックアップ記事

おすすめ記事

え?こんなにいるの!?小型カラシンの仲間と混泳できる熱帯魚一覧

小型のカラシンの代名詞とも言える「カージナルテトラ」については前回の話で…

鳴く魚!?クローキンググラミーと小型グラミーを飼ってみよう

(写真引用元:ネオス楽天市場)耳をすませて、魚の「鳴き声」を楽しんでみま…

エビ水槽!ソイルから大磯砂に変更してみました

最近は水槽の底床にソイルを使われる方がほとんどですが、昔からの大…

【初心者でも分かる】もう迷わない!自分に合った水槽の選び方

さあ!アクアリウムを始めよう!って決めたらまず初めに準備するものは?!…

ネオンテトラの飼育で大磯砂を使う裏ワザ

前回の記事で書いたとおり、ネオンテトラを飼育する上で、底床に大磯砂を使うのはあまり良くないで…

LEDライトを導入する際の注意点、そして失敗しないコツ

こんにちは、グッピー大好きのおとぼけです。LEDライトを導入したら水槽内が美しくなりグッピー…

おすすめ記事

  1. 肩こり、腱鞘炎からおさらば!最強マウス「ロジクールワイヤレストラックボールM570」レビュー M570
  2. ミクロラスボラ・エリスロミクロンを飼育してみよう!ミャンマーに生息する幻の美魚
  3. キュートで可愛いコメットの飼育方法や寿命、特徴など
  4. ハイセンスなホームセンター「ユニディ ラゾーナ川崎店」でグッピー用の流木を買ってみた。
  5. グッピーの繁殖の特徴
  6. ラブカをもっと知ろう!深海の生きた化石でもある古代サメの魅力
PAGE TOP