グッピーの基礎知識

グッピーと混泳できる熱帯魚、オトシンクルス

 

 

こんにちは、おとぼけです。

今回も恒例のグッピーとの混泳を出来る熱帯魚を紹介したいと思います。

 

 





グッピーと混泳できる熱帯魚オトシンクルス

Otocinclus_macrospilus_2
写真引用元: wikipedia オトシンクルス (Otocinclus)

 

南米産の小型ナマズで、グッピーの水槽には一番オススメの熱帯魚になります。
全長は3cmから10cm程度の小型ナマズで、性格も非常に温和で大人しいお魚さんです。

 

おとぼけ宅でもオトシンクルスをグッピーと一緒に混泳しており
小型系の熱帯魚が好きなおとぼけ彼女もオトシンクルスはお気に入り。
名前を「まめ」とおとぼけ宅では名づけています(笑)

 

オトシンクルスの餌はどうすればいいの?食性は??

 

 

ガラス面や水草に茶色の藻類が発生することがありますよね。
あれをオトシンクルスは食べてくれます。
やや草食性の強い雑食で上記の藻類を削るように食べるのが特徴です。

食べる時は吸盤で口をモグモグしている姿は愛しいです。

 

苔対策などで入れることが多いが、長期的に飼育すると苔などを食いつくすと
餓死してしまうので、苔に代わる餌を与えるべきです。

特に茹でた野菜類など好んで食べてくれます。
※茹でた野菜を与える場合は無農薬の野菜を使いましょう。

 

 

オトシンクルスの寿命は?どれくらい生きてくれるの?

 

 

水槽環境にもよりますが、平均約3年ほど

病気にはかかりにくい品種の為、餌など豊富にあれば長生きしてくれます。

 

オトシンクルスにも色々な種類がいます。オススメはオトシンクルス ネグロ

苔を取る能力が一番高いとされているタイプのオトシンクルスになります。
前進が全身が茶褐色をしており、わずかに斑点のような模様があります。
また比較的簡単に繁殖も出来るので初心者さんにはオススメの熱帯魚になります。

 

 

オトシンクルスもネット通販で購入出来る

オトシンクルスは色々な種類がいますので、通販で購入可能なオトシンクルス達を紹介

熱帯魚 オトシンクルス 3匹+1匹おまけ
ドリームシアター
売り上げランキング: 10,306

オトシンクルスの飼い方・まとめ

 

 

グッピーとの混泳にまったく問題がないので、水槽に10尾くらい入れておきたい熱帯魚です。
そして小さくで愛しいので本当にオススメですよー。

 

 

グッピーと混泳できる熱帯魚一覧

Amaterske_akvarium

■ネオンテトラと何が違うの?カージナルテトラ
■オレンジ色のラインが美しい!グローライトテトラ
■異形の体型ですが、何か?わだすはハチェットフィッシュでごわす
■ディズニーファン必見、ミッキーマウスプラティ
■複雑な名前だけど、かなりのマイペースなお魚さん、ラスボラ ヘテロモルファ
■青い横ラインが美しく水槽をより一層鮮やかにしてくれる、ゼブラダニオ/ゼブラフィッシュ
■頭部以外、身体が透けてますが何か?トランスルーセントグラスキャットフィッシュ
■マイペースなお魚、そして種類も豊富なドワーフグラミー
■コケ!コケをよこせ!おいらはオトシンクルスだっちゃ!
■コケ取り最強生物、吾輩はセイルフィンプレコ
■成長すると性格悪くなるけど許してね!アルジイーター
■極度な恥ずかしがり屋!クラウンローチ
■独特な動きに魅力されちゃう!ファンも多いコリドラス
■コココッと泣きます!ピグミーグラミー
■え?何?この可愛さ・・・コリドラス・ピグミー

 

 




編集後記

 

 

今日は久々のサッカー日本代表戦でしたね。

格下のジャマイカ相手にオウンゴールのみでの勝利

ちょっと物足りないね。いくら新体制だからといって、ザッケローニ体制と違ってワクワク感は半減してしまいました。

しかしアギーレジャパン初勝利おめでと!

次はブラジル戦。

今の日本代表がブラジルに敵うことはないと思うがベストを尽くして欲しいです

それじゃ、またお会いしましょ!

ばいちゃ!




関連記事

  1. グッピーと混泳できる熱帯魚、ネオンテトラ
  2. グッピーと混泳できる熱帯魚、ドワーフグラミー
  3. 熱帯魚入門- お店でグッピーなど熱帯魚を購入する際の賢く選ぶコツ…
  4. 水槽水の水質も大切、水質検査のやり方
  5. コリドラスと工夫次第では混泳出来る熱帯魚リスト
  6. グッピーや熱帯魚飼育 – 天然餌の重要性を分かりやすく解説
  7. 当サイトの看板となる「はじめてのグッピー」のロゴが完成!
  8. グッピーと混泳できる熱帯魚、アルジイーター



おすすめ記事

  1. レッドビーシュリンプは屋外でも飼育できる?外飼いで気を付けるべきポイント
  2. アフリカ河川産はシクリッドの宝庫!ペルヴィカクロミス・プルケールなどの飼育法
  3. 60cm水槽用にテトラ「LEDスライドライト」導入、照明のおかげでグッピーがもっと美しくなった。
  4. 初心者も大丈夫!ヘビの飼い方を徹底紹介
  5. メダカを飼育する際の3つのポイント
  6. グッピーのための水槽
  7. 【昭和のアクアリスト必見】セベラムの飼育方法を紹介!
  8. アクアリスト必見、メンテナンス等に必要なこだわり道具(アクア用品)とは?
  9. レッドビーシュリンプのカルシウム補給!稚エビにはミネラルが重要
  10. グッピーとは混泳してはいけない熱帯魚、ディスカス
PAGE TOP